About

ピッツァイオーロ(ピザ職人)の福間英樹です。
レストラン、カフェ、バーなどで経験を積んできましたが、専門的な料理を勉強するため2001年にイタリアンレストランに就職。その時に出会ったナポリピッツァに魅了され、ピッツァ職人としての修業を始めました。福山市・尾道市のイタリアンレストランや、福岡の「真のナポリピッツァ協会」認定店での経験を積み、2016年12月にしまなみ海道 尾道市向島(むかいしま)で『Pizzeria Felix』をオープンしました。長年の経験から得た知識と技術をもとに、毎日心をこめて本格ナポリピッツァを作っています。

食材へのこだわり

安全と鮮度に不安が残る食材は一切使わず、できる限り尾道市近郊とイタリアの食材にこだわり「生産者に近く安心安全な食材」を使うことを徹底しています。

特にピッツァに使用する粉・塩・酵母・チーズなどは、ナポリを中心とした南イタリア食材を扱う商社から厳選して直接仕入れています。ナポリと同じ食材を使うことによって、よりナポリに近いナポリピッツァを提供できるようにしています。

尾道市・しまなみ海道周辺は農家が多く、様々な種類の野菜・果物が栽培されています。穏やかな瀬戸内海には海の幸も多く、地元産の魚介類も豊富です。英樹の実父も農園を営んでおり、多くの野菜類は「とーさんの畑」こと父の農園から仕入れを行っています。

ドリンクメニューには、イタリアンビールやワインの他に、向島島内にある老舗ジュース製造所「後藤鉱泉所」のご当地サイダーやラムネも取り入れています。

四季を通じて季節感のあるピッツァやイタリア料理を提供させていただきます。

真のナポリピッツァ協会

「真のナポリピッツァ協会 日本」の認定店・認定職人に認定申請する準備を進めています。

「真のナポリピッツァ」と呼ばれるための6ケ条
 1.生地に使う材料は、小麦粉、水、酵母、塩の4つのみ
 2.生地は手だけを使って延ばす
 3.窯の床面にて直焼きにする
 4.窯の燃料は薪もしくは木くずとする
 5.仕上がりはふっくらと、「額縁」がある4窯の燃料は薪もしくは木くずとする
 6.上にのせる材料にもこだわる

真のナポリピッツァ協会 日本
http://japan.pizzanapoletana.org/

ミシュランガイド広島・愛媛 2018 特別版』の「ミシュランプレート」に掲載いただきました。